お客様から「選ばれる」「読まれる」「集客できる」ブログの書き方とは?

ブログ

 

こんにちは。
三浦です。

 

「ブログで集客って出来ますか?」
と質問を受けることが多々あります。

 

結論から言うと、
「はい、出来ます」
とお答えしています。

 

ただ、やみくもにブログを書いていても集客はできません。

 

僕自身も、開業当初は毎日のようにブログを書いていました。
でも、正直、ブログ経由で集客ができていたかというと
答えは「NO」ですf^^;

 

よく「ブログは毎日更新しなきゃ意味がない」なんて言われていますが、

あれは、あくまでもSEOの観点(GoogleやYahooなどの検索順位を上げる)のテクニックでしかありません。

 

ネット検索から、検索されやすくすることを目的にブログを書くのなら、それで良いと思います。

 

ただ、検索で上位表示されたからといって、ブログにアクセスしてもらえるかは別のお話になりますし、来店に繋がるわけでもないんですよね。

 

それに、なによりも事業を続けている期間は、永遠にブログを書かないといけないとなると、
それはそれでしんどいですよね・・・。

 

先ほども書いたように、ブログというにはただやみくもに書いていても
「選ばれない」「読まれない」「集客できない」のです。

 

ブログから集客するためには、ちょっとした秘訣があります。

 

僕の経験と知識をもとに、あなたのブログが

お客様から「選ばれる」「読まれる」「集客できる」ツールになる為の“秘訣”
お伝えしていこうと思います。

 

あなたがブログで伝えなければいけないコトとは?

 

最初に質問をしますが、

「あなたは、ブログに何を書いていますか?」

おそらくあなたを含めた殆どの人達が以下のどれかに当てはまる記事を書いていると思います。

 

①自分の日常
仕事やプライベートなど、「〇〇へ行きました」「〇〇を食べました」という日記的な記事

②自分の仕事に対する考え方や理念
自分のコンテンツ(トレーニングやヨガ)などに対する考え方や想いなど

③お店の紹介
メニューなどの商品説明やキャンペーン情報、スタッフ紹介やイベント出演情報など

④専門知識
日常に役立つであろう専門知識の発信

 

結論から言うと、これらの記事で集客はできません。

 

決して、このような記事を書いてはダメというわけでもないですし、リピート集客には役立つ記事だとは思います。

 

ただ、あなたは新規のお客様に来て頂きたいからブログを書いてるんですよね?

 

逆の立場で考えてみてください。

これらの記事を読んで「あ、行ってみよう!」「この人に会ってみたい!」ってなりますか?

 

そもそも、毎日忙しい時間を過ごしているのに、わざわざ時間をさいて知らない人の日常やお店の情報などを読んでみようという気持ちになりますか?

 

絶対にならないと思います。

 

このような専門知識や機能的な価値を伝えても、見込み客の心には響かないんです。

 

じゃあ、何を書いたら良いの?って話なんですが・・・

 

ビジネスが成立する時というのは、あなたの商品やサービスを介して「どんな未来(変化)を手に入れられるのか?」がお客様に伝わった時に初めて成り立ちます。

 

なので、

 

あなたが「選ばれる」「読まれる」「集客する」ためにブログに書かなければいけないことは・・・

 

見込み客に対して、あなたの商品やサービスを介してどんな悩みや問題が解決できて、どんな未来(変化)を手に入れることができるのか?

 

を文章にして伝えていくことなのです。

 

 

読まれるブログのたった一つの法則とは?

 

ここで逆の立場になって”ブログ”というのものを考えてみましょう。

 

「あなたが他人が書いたブログを読む時は、どんな時ですか?」

 

きっと、何か欲しい情報があって検索していて、自分が欲しかった情報が記事になっていた時に読んでいると思います。

 

では、もう少し掘り下げて考えてみてください。

 

あなたが”何かしらの情報”を手にしたい時って、どんな時ですか?

 

 

おそらく・・・

 

何かしらの悩み(問題)があって、それを解決するために情報を探しているんだと思います。

 

人間は、上手くいっていないことを解決したいと思う生き物です。

 

これを理解すると、「読まれるブログ」の法則が見えてくると思います。

 

 

読まれるブログの法則とは、

 

「悩みや問題を解決する為の記事になっていること」

 

となります。

 

読んでくれた人の悩みや疑問を解決できるようなヒントや答えが書かれていて、

 

「そうそう、これを知りたかった!」

「これは私のためのブログだ!」

 

と思わせるのが重要なんです。

 

 

あなたのブログは、

①誰のどんな悩みを解決するブログですか?
②読んで欲しい人(見込み客・ターゲット)が欲しがっている情報や解決策は書かれていますか?
③読んでくれた人(見込み客・ターゲット)の悩みや不安が解消される記事になっていますか?

 

この3つを、確認してみてください。

 

ブログで集客ができていない人は、おそらくこの3つのポイントが明確になっていなかったり、欠けているはずです。

 

 あなたがブログを書く本当の意味とは?

 

では最後に、あなたはなぜブログを書かないといけないのか?

を考えてみましょう。

 

この本質を理解できていないと、ブログを書く目的を見失っちゃいますからね。

 

あなたが、ブログを書く理由というのは・・・

・自分のことをたくさんの人に知ってもらえるように
・きちんと読んでもらえるように
・しっかりと集客につながるように
・自分の提供しているサービスの価値を理解してもらえるように
etc

どれも、間違いではないと思います。

 

でも、そういう事を考えて書くブログって総じて”つまらない”記事になります。

つまり、読まれないんですね。

ブログというのは、読まれなければ何も始まりません。

 

前項でも書きましたが、よく専門用語を使って専門知識を発信し続けている人など多く見かけますが、僕たちは、専門家を相手にビジネスをしているわけではありません。

 

だから、専門的なことを語ってもお客様には分かって貰えないですし、共感などして貰えません。

 

では、あなたは「何のためにブログを書くのか?」

 

あなたがブログを書く際に真っ先に考えるべきことは、

 

「集客のため」ではなく、「信用を蓄積するため」に書くことなんです。

 

 

お客様というのは、あなたがどんなに優れたスキルや知識を持っていようが、専門的なことや中身はわからないから、あなたを選ぶか選ばないかの判断基準は、「信用できるかどうか?」になるんです。

 

 

先ほども書いたように、

 

 

あなたの商品やサービスを購入すると「こんな未来(変化)を手に入れられますよ」
に対しての信用を発信していく為のツールがブログになるのです。

「私は、あなたの悩みや問題に共感できますよ」
「私は、あなたの悩みや問題を解決できますよ」

その、信用を得るために、あなたはブログを書くのです。

 

信用が信頼に変わった時に、ブログというのは初めて「集客ツール」に変化します。

 

 

あなたも「信頼」得られるような記事になるようにを心がけながら、ブログを書いてみてください。

 

そうすれば、あなたのブログは、「選ばれる」「読まれる」「集客できる」ブログに変わっていくと思います。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。