多くのトレーナー・インストラクターがブログを書くときに犯してしまう、見込み客から嫌われてしまう「あるパターン」とは?

ブログ

 

こんにちは。
三浦です。

 

 

前回のブログ記事で、集客に繋がるブログの書き方と言うのをお伝えしました。↓

 

お客様から「選ばれる」「読まれる」「集客できる」ブログの書き方とは?

 

今回は、全く逆の視点での考え方を書いていこうと思います。

 

逆というのは、「選ばれない」「読まれない」「集客できない」ブログの書き方ですね(笑)

 

これを読んでいるあなたも、そんなつもりはなくても知らず知らずに、

見込み客に嫌われてしまうブログ

を書いてしまっているかもしれません。

 

嫌われてしまうというと大袈裟な表現かもしれませんが、

ブログを読むのを途中で辞められてしまったり・・・

来店意欲を無くしてしまうような文章・・・

 

というのが、実は存在します。

 

そして、そこには、あなたも含めてブログを書く時に、無意識で犯してしまっている

あるパターンというものがあるので、

例を出しながらご紹介していこうかなと思います。

 

 

是非、参考にしてみて下さい。

 

 

ブログを書く時に心がけないといけないコト

 

まず、ブログを書く時には様々な「ワード(単語)」を使い文章を書いていると思います。

 

勿論、このブログもそうですね。

 

そこで、ブログを書くときに避けたほうが良いワードというものが存在します。

 

 

具体的な例を出した方が分かりやすいと思いますので紹介していきます。

 

 

 

 

例えば、
パーソナルトレーニングジムだと、「減量」というワードです。

 

この減量という言葉は、そもそもボクサーやアスリートなどが使う言葉です。

 

ターゲットがアスリートであれば使っても良いのですが、

ダイエット専門のパーソナルトレーニングジムとかだと、

お店に来る人は、太っているから(太ってしまったから)体重を落としたい!

という人達ですよね?

 

しかも、”無理なく、楽に、簡単に、できるだけ短時間で、健康的に”という方が殆どだと思います。

 

この場合、見込み客にベストなワードは減量ではなく「ダイエット」や「痩せる」から派生する言葉となります。

 

何故かというと、減量というワードには、キツそう、大変そう、ストイック

といったイメージがあるので、一般の方達を相手にしている場合は避けた方が良いのです。

 

「無理なく」「楽に」「誰でも」「簡単に」「健康的に」痩せられる、

ということをウリにしているお店では、減量という言葉はターゲットとマッチしません。

 

マッチしないということは、見込み客の心に響かないということです。

 

同じ体重を落とすことに変わりはないのですが、

 

“減量”という言葉に拒絶反応を起こす人も一定数はいるので、

 

 

「ダイエット」や「痩せる」といったワードを使うように心がけるべきだと思います。

 

 

その他にも、
ヨガスタジオなんかだと、

 

「癒し」「心」「安定」「瞑想」なんてワードを使ってしまっているケースも見受けられますね。

 

これもターゲットが、癒しを求めていたり、心のバランスや安定

を求めている人だったら良いのですが、そうでない人からすると、

ちょっと宗教感やスピリチュアル感を強く感じてしまうので、

あまりオススメできないワードでもあります。

 

嫌がる人は極端に嫌がりますし、逆に、もっとアクティブでフィジカル的な健康を求めてヨガをやって欲しいと思う人は、

これらのワードを使うのを辞めれば良いと思います。

 

 

このように、自分のお店のターゲット(見込み客)と合っていないワードを使って、

ブログを書いてしまっているパターンをよく目にしますね。

 

 

ついでにヨガ繋がりでもう一つ例を出すと、

 

「骨盤矯正ヨガ」なんてクラスがあったりしますよね?

 

実は、この「矯正」という言葉もあまり良くありません。

 

 

この「矯正」という言葉はマイナスをゼロにする意味合いがあります。

 

でも、お客様というのは今の状態をゼロにしたいのではなく、

マイナスをプラス、ゼロをプラスにしたくてあなたを頼ってきます。

 

そう考えると、矯正という言葉は適切ではないのです。

 

ここで使うべき言葉というのは、

 

「骨盤調整」や「骨盤ケア」など、

 

できるだけポジティブなイメージを持たせるワードを使用することをオススメします。

 

 

 

このように、ちょっと細かいことかもしれませんが、

使っているワードで、読み手が見てどんな感情やイメージを持つか?

を考えながらブログの文章は書くべきだと思います。

 

 

特に意味もなくブログを書く分には自由に書いてい頂いて良いと思うのですが、

ブログを読んでもらうことで来店動機を促したい場合は、これくらい気を使わないといけません。

 

 

文章というのは相手の反応が見れない状態で、一方的に情報を伝えるツールなので、

 

言葉選びにはデリケートになることが集客への近道だと思っています。

 

 

ブログで使ってはいけないワード

 

次に、ブログを書く上で「使ってはいけないワード」というのがあるので説明したいと思います。

 

前項では使用を避けたほうが良いワードでしたが、

ここでは、使ってはダメなワードです。

 

これも業種業態によって少し変わってくるんですが、

 

 

あなたが先ず頭に入れておかないといけないことは、

読み手は決して専門家ではないということです。

 

 

僕達のような専門家ビジネスは、「専門家ではない人」がお客様になります。

 

だから専門的なことを語っても、読み手はわかりません。

「なんだか小難しいな〜」
「これなんて意味なんだ?」

なんて思われたら、ブログは読まれなくなってしまいます。

 

なので、ブログを書く時は「専門用語」を使ってはいけません。

使ってはいけませんというか、専門用語を多様すると集客に繋がらなくなります。

 

 

例を出すと、

ワークアウト・セッション・コンディショニング・アライメント・アセスメント・パフォーマン

などがそうです。

 

僕達が日常的に使っている言葉で、案外一般の人が使っていないワードはたくさんあります。

 

僕がお客さんのリサーチをしていて一番驚いたのは、「パーソナルトレーニング」というワードも一般の方はあまり使わないみたいです。

 

パーソナルトレーニングよりも、

「パーソナルレッスン」や「マンツーマンレッスン」

という言葉を日常的に使うようです。

 

 

その他にも、筋肉やトレーニングの名前、

ヨガやピラティスなどのレッスン内でしか使わないワード(インナーマッスル・アーサナ etc)なども、そうですね。

 

 

「え!そんな言葉も知らないの!?」

 

と思うかもしれませんが、事実知らない人の方が多いので、

そちらに寄せて言葉を選ぶべきだと思います。

 

 

もし、使う場合は注意書きや説明書きを入れておくと親切かと思います。

 

 

ブログを書く時には、

「あなたの普通はお客様の普通ではない」と理解した上で書くと良い

かと思います。

 

 

なんでそこまでしないといけないの?

 

と思うかもしれませんが、結局、お客様(読み手)を置いてけぼりにしちゃうんですね。

 

 

そうなると、当然お客様はブログから離れていってしまいます。(=ブログを読んでくれない)

 

つまり、

 

なかなかあなたの想いや伝えたい情報が、見込み客に届かなくなってしまうのです。

 

 

集客を目的としたブログを書こうと思ったら、

 

できる限り、見込み客が使い慣れていて、瞬時に理解できるワードを選択する必要があります。

 

 

ブログで書いてはいけない記事

 

ここまでは、ブログを書く上での意識的なテクニックをお伝えしてきましたが、

 

今度は記事全体を通して、見込み客から嫌われない為のブログを書くコツをお伝えします。

 

前に別の記事で、

あなたがブログで伝えなければいけないコトは?

というのをお伝えしましたが、

 

 

逆にあなたがブログで伝えてはいけないコトもあります。

 

 

それは・・・

 

 

あなたのお店や活動のコンセプトに反している内容です。

 

当たり前と言えば当たり前なのですが、これができていない人もけっこういます。

 

言ってることとやってることが違うじゃん!みたいな(笑)

 

 

例えば・・・

  • 健康的な生活を送る手助けを仕事にしているはずのに、新作のコンビニスイーツを紹介している記事
  • ダイエット専門店なのに、太っているスタッフが出てきている記事
  • 心の健康を推進しているのに、ネガティブだったり、病み気味の心境を語ってしまっている記事
  • 自分の職業とは全く違う話題ばかりの記事。(ネイル・飲食店・コスメの紹介など)
  • 美しくなることを売りにしているのに、ブス・・・な記事。※外見だけではなく内面
  • 時事ネタばかりな記事(特に政治関連やゴシップ、ワイドショー的なネタは絶対NGです)
  • 自分のお店の過度な売り込み記事(キャンペーン等)etc

です。

 

これらが必ずしも「いけないこと!」というわけではありませんが、

ブログにする必要はありませんよね。

 

というか、集客目的のブログに書いてはダメですね。

 

何故かというと、こういった記事を入れるとブログに一貫性がなくなるので、

興味を持ってもらいずらくなってしまいます。

 

また、こういった記事は、

そもそも見込み客はその情報を望んでない(=興味がない → 読まれない)ですし、

信用という観点からも問題になりかねないので気をつけましょう。

 

 

共感と批判は紙一重なので、特にブログを集客ツールとして使いたい場合は、

これらの記事は避けた方が良いと思います。

 

 

どうしても書きたい場合は、個人アカウントのブログをもう一つ作って、

そこに書いた方が良いと思います。

 

 

 

ここまで全て含めて、読み手のことをきちんと考えていれば、

どれも当たり前のことなんですが、きちんと意識しないと意外とできないことでもあります。

 

ブログというのは読み手のことを考えて入れば、その思いは、必ず読み手に伝わります。

 

 

自分が、他の人やお店のブログを読む側になった時のことを考えたら、理解できるかと思います。

 

 

 

あなたも、せっかく書いているブログが無駄にならないように、これらを頭に入れながらブログ記事を書いてみて下さい。

 

 

 

そうすれば、必ずブログでの集客も容易になるはずです。

 

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。